神待ちサイトについて

嘘はいけませんよね?「家出サイト」でやり取りしたメールだけで、心配なので会いませんか?という誘い文句、話を本当に聞いてくれると思いますか?
神待ちサイトを使用した人には、色んな人がいるんだなと、実際に話したいと思い返事をする人もいるんだなと、神待ちサイトを長いこと利用したことのある人からすれば、迷い込んだ子羊の様な物です。家庭環境が事情で神待ちをして、寂しくて誰方と話したくメールをしたのかもしれません。
神待ちサイトで、実際やり取りしたことと違うことを行おうとした場合、後々トラブルに巻き込まれる、というようなことがあります。エッチがしたいと思っている人は、エッチがしたいと記載してはいけません。
ちゃんと目的を持たした意味のメールを送りましょう。日本では毎日多数の人が神待ちをしているという状況です。殆どが家庭環境で会ったりお金が欲しかったりや寂しさという理由です。
これでは「神待ちサイト」に登録するわけです。泊め男の中には話を聞いて上げるか、説得して家に帰るようやり取りをしている男性もいるかもしれません。
しかしこうしたサイトは優良な神待ちサイトになりますが、一般の男性はそれほど甘くはないでしょう。家出をしている少女の漬け込み、泊まるなら分かっているよね?という雰囲気に持っていくわけです。

犯罪?

「神待ちサイト」事態の存在は犯罪ですだと思いますが、そうではありません。神待ちサイト自体で犯罪が起きているわけではないのです。
犯罪ではない条件が18以上の場合だけです。ただ相手がサイトを利用したが為に年齢を誤魔化す場合があります。
18未満だけど泊めてしまったということが警察にばれれば犯罪です。神待ちサイトを利用しているのが未成年だとして、「神待ちサイト」で泊まる場所を探し泊まります。その後に警察に補導されてしまい、携帯から神待ちサイトを使用していることが分かり、携帯から泊まった場所が特定された場合、泊めた人は処罰を受けると思ってください。
男性からしたら泊めただけのつもかもしれませんが、第三者から見れば、神待ちサイト=危険なサイトというイメージがついてしまいます。ただ先ほどもお話しましたが年齢が18歳以上の成人であれば、同意のもとに泊まったということで判断され、犯罪ではなく自分自身の責任になります。
18歳以上であれば同意の元に泊まったということになり、問題ありません。ただ道徳的・常識的にどうかと問われると、泊める人の判断になります。、同意して泊まっているのにそこから犯罪へと持っていくのは難しいです。実際「神待ちサイト」自体が成立している訳には、裏で成り立っている理由があるからではないでしょうか?

難しいのはね。

家出をして食べるものや寝る場所がないためにそれらを提供してくれる神様と呼ばれる人を見つけるためのサイトが神待ちサイトです。
ですがいくら神様と呼ばれる人でも実際には良い男の人だということは無いので食事に連れていってくれたり寝泊まりする場所を与えてくれるだけですむわけはありません。
したがってそのあとにはセフレ募集をすることになるのですが必ずセックスの前に確認しておくなくてはならないことがあります。
それは相手の女の子の年齢です。
神待ちサイトにいる家出少女の年齢層はだいたい想像がつくかと思いますが家出をするような年齢ということから当然若い子が多くなってくると言うのは必然です。
男性と言うのは若い女の子が好きなのでこのように若い女の子と出会うことができるので神待ちサイトというのを利用してではないでしょうか。
そうでもなければ家出中などという事情を抱えた少女と出会おうとは思わないはずです。
いくら若い少女だからといって法的には18歳未満の少女が出会い系サイトを利用することは禁止されているので18歳以上の少女が相手だということになりますが現実にはうその年齢で登録して利用することが簡単にできてしまうので18歳未満の少女がたくさんいるというのか現実です。
メールのやりとりをするだけでは相手の本当の年齢は分かりませんし、実際に会っても化粧などで大人ぽい雰囲気をしている少女もいますので18歳未満か18歳以上かということはなかなか分からないでしょう。
ですが、分からなかったという理由だけですまされてしまうわけはありません。
18歳未満の少女と出会い系サイトをすることは違法行為なので逮捕される危険があるのです。
もちろん相手の方もそのことは知っていてそれをネタにあとから恐喝をするなどという事件も実際に発生しています。
万が一警察に通報されてしまったらたとえ知らなかったとしても、あるいは騙されていたとしても処罰されるのは相手少女ではなく大人であるあなたの方になるのです。
当然誰もが逮捕などされたくないと思っているでしょう。
なので18歳未満の少女かたくさんの利用している神待ちサイトでは相手がいくら18歳以上だと言い張っていても必ず証拠を見せてもらうように心がけましょう。
何かあってからでは手遅れなのです。

近所に住んでいる人が多い

神待ちしている女性と会う場合には、近所で会う場合が多いようです。
掲示板などで神待ちをしている女性の書き込みを見ていると「○○町」とか、
具体的な地名が載っていることが多いのですが、要するに今自分がいる場所、
近場で探したい、近場で待ち合わせたい、という人が圧倒的に多いわけです。
特に家出をしている女性は、行動範囲が決まっていて、いつも行くファミレスが決まっているとか、
いつも泊まる援交が決まっていたり、あまり遠くへ行くことはしません。
彼女らにとっては、近場で待ち合わせが出来る男性が都合がいいわけです。
ですので、もし神待ちしている女性を探したいと思ったら、地域掲示板を見てみましょう。
都心ならば、神待ちしている女性も多いので出会うのも早いですが、そうでない場所では
地域毎に掲示板が作られていて、そこで交渉をして出会うことが多いはず。
神待ちしている女性は、今すぐとか今夜とか、すぐに会える男性を探しているのです。
明日会える人を探しているとか、明後日待ち合わせ・・・というのはほとんど無いでしょう。
近所で待ち合わせることが多い、というのは即日会えることを示しています。
大学生で電話エッチしている人を探すならば、大学付近の地名で掲示板を捜すのもいいでしょう。
そうでなければ、若者がよく行く繁華街の地域の名前で検索するのもいいと思います。
男性の場合、自分が住んでいる、または行動範囲にしている場所を重点的に
検索して、掲示板を見つけると、近場での出会いがあるはずです。
女性にとっては、お互いに近所で近い場所のほうが安心だし、面倒ではないので、
そういう男性を求めている傾向があるようです。
これも相手を確実に見つけるコツなのではないでしょうか。

神待ちサイトでそう簡単に出会えることはない

神待ちという言葉が少女たちの間で流行っています。食事をご馳走してくれたり、寝泊まりできるところを確保してくれる男性のことを「神」と呼ぶところから名づけられました。神待ちサイトは出会い系サイトのひとつですが、そこを利用している神待ち少女の多くは家出少女やニートなどの無職少女です。お金に困っているということですね。
神待ちサイトに似たもので家出少女専門のサイトもあります。これらの違いには大きな違いはありません。要するに「お金が無いから援助してほしい」ということです。甘えるにも限度がありますが……。そういった少女たちを目当てに利用する男性も多くいることもまた事実なのです。悲しい現実でもありますね。
しかし、そう簡単に出会えることはありません。なぜならば、それを利用した悪徳サイトが非常に多く存在しているからです。悪徳サイトは、ほぼ100%サクラで運営されています。そこに飛び込む男性会員を網を張って待っているのです。切実に援助を求めている少女なら、そんな怪しいサイトには登録しません。間違いなく優良サイトで神様を待つでしょう。
実際、悪徳サイトのサクラたちの演技も素晴らしいものです。唯一そこだけは褒められます。男性の同情と下心を上手に煽ってコロッと騙してしまうのです。悪徳サイト側から言わせると、「騙される方が悪い」というかもしれません。たしかにそれも一理あります。不用意に甘い言葉に誘われて、しかもあっさりと騙されていては、そう言われても仕方がありませんよね。神待ちサイトなどに登録するには、慎重の上にも慎重を重ねたいものですよね。それを怠って被害に合ってしまうのであれば、それはその人の自業自得という面もたしかにあります。
神待ちサイトなどを利用するなとは言いません。しかし、そのためには自己責任も伴うということをしっかりと認識しましょう。下心で理性を失っていては元も子もありません。つまらないことで被害を受けないために、軽はずみな行動は慎むべきではないでしょうか。それが一番の予防方法かもしれませんね。

援助交際絡みの発言

現代に生きる人たちは当たり前のように携帯電話を持ち歩いています。
大人だけが持っていれば事足りるようなものだったかもしれませんが、学生たち、小学生でも当たり前のように携帯電話を使用することが多くなってきています。

いつでも携帯電話を手にしていなければ安心することができなくなってきてしまっているような若者たちもいますし、携帯電話を利用することによっていろいろな人と四六時中連絡のやり取りをおこなっているような人もいるようです。
それほどまでに利用率の高い携帯電話が悪用されてしまっていて事件や事故が起きてしまうことも、また事実となっています。

携帯電話からでもインターネットを楽しんで交友関係が広がったという人も多いことでしょう。
ただ、良い人付き合いなら良いのですが、悪い考えを持っているような人と繋がっていくことともなるとそれがやがて出会い系に手を出してみたり、援助交際という犯罪行為にまで手を出していくようなことになってしまうこともあるのです。

最近では出会い系サイトにおいては援助交際絡みの発言というものは受け付けないようにシステムチェックというものもされるようになってきていますが、出会い系サイトを通じて知り合った者同士が援助交際をおこなっていくことは未だに絶えることはなく事件にもなっていますよね。
インターネットのなかには、援助交際の危険性が潜んでいるかもしれない危ない場になっているのです。

パチンコ

いや~最近のパチンコは複雑ですね~。
時代に付いていけないオジサンは「海」に限るね。
画像は色々進化してるけどね、ワリンちゃんやサムが出てくると熱いってことは変わらないからオジサンにはわかりやすいんだよ!

ただ、昔ほど出なくなったね~。
今はコンピューターで制御してるからだろうな、お座り一発でかかったと思えば、突然出なくなる。
その代わりに1パチなんて、財布に優しいもんも出来てこれは嬉しい~事だな~。
暇な時に遊ぶのには持って来いだ!
タバコ代でも儲ければ、ラッキーって気分になれる。
嫁さんの愚痴を聞きたくない休みの日は時間潰しが出来るってもんだ、ハハハ。

そういや、冬のソナタ~ファイナルってまた新台が出たねえ。
どこがどうファイナルなんだか、良くわかんねえけどあれは、オバサンに大人気だ!
そんなに『ヨンさま』がいいのかねえ。
女ってのは、何時までも夢見る少女で居たいんだろうね。
もう少女じゃないのにねえ…

まあオジサンも、夢は見るけどね。
パチンコAKBはつい可愛くてやってみたが何が熱いんだか何なんだか、良くわかんね~まま。
突然一斉にライブが始まって、訳わからんまま終わっちまった・・・。
何なんだ?いったいあれは??
やっぱり「海」しか無理だわ・・・。
は~~~っ(溜息)明日も行ってくるか。

彼女いない歴24年

ちょうど、昼の3時頃に電車に乗ったのですが、何と車内は、カップルだらけだったのです。
乗客の9割はカップルだったので、思わず「カップル専用車両か?」と思いました。

実は、私が乗った駅の2つ前の駅近くで、カップル限定の大規模なイベントが開かれていたみたいです。
ちょうとそのイベントが終わったのが、昼の2時半頃だったので、私が乗った時に、カップルばかりだったのです。

カップルが電車の中で、凄くイチャイチャしており、キスまでしだすカップルがいたので、目のやり場に困りました。
挙句の果には、「この後、ホテルでエッチしよっか?」と言い出すカップルもいました。

しかし、これだけのカップルが集まるイベントとは、一体どのようなものなのか。
大規模なイベントにも関わらず、ホームページにも詳しいことは書いてありませんでした。

しかも、どのカップルの女性も、少し過激な格好をしており、かなり短いスカートを履いていた女性もいました。

もしかして、スワッピングや、乱交パーティなどの、エッチで過激なイベントだったのか?
友人にも聞いたりしたのですが、誰も詳しいことは知りませんでした。

あまりに気になるイベントなので、もし今度開催されるなら、彼女を作って、参加してみたいと思いました。
まあ、彼女いない歴24年の私が、そうすぐに彼女などできるわけがありませんが(笑)

援助交際を勘違いしている

援助交際に手を出していくことによって普段出会うことがなかなか出来ないような女子高校生たちとの猥褻な行為というものを試してみたいと考えている男性たちは意外と世の中に多いのかもしれません。
それゆえに、未だに援助交際という犯罪行為は消えることなく時折事件沙汰に取り上げられることもあるのです。

よく、バレなければ例え援助交際でもしても良いのではないかと勘違いしている人もいるかもしれませんが、例えバレなくても犯罪行為は犯罪です。
バレなければ良いという考えは子どもの考えです。
一人の大人がバレないように行動をおこしているというのは悲しい世の中になってしまっていると思われるでしょう。

そんな大人がいるからこそ今の世の中というものは犯罪が絶えることのない時代になっているのではないでしょうか。
一人の大人であれば、犯罪に手を出していくようなことはあってはなりません。
犯罪だと知っていながら手を出していくようなことももちろん有り得ないことでしょう。

援助交際をすれば若い学生の女の子たちに出会うことができて美味しい想いをすることができると期待してしまう男性たちも多いかもしれません。
若い子と出会うためであればそれが犯罪行為であろうとなんだろうと惜しげもなく手を出していく大人が増えてきているのが現状です。
こんな世の中では、子どもたちだってまともに生きていくことができなくなってしまうかもしれませんね。